背景を知る | うつ病は原因が貧困や仕事などのストレスにあるという

うつ病は原因が貧困や仕事などのストレスにあるという

背景を知る

環境を変えることも大切

塞ぎこむ女性

うつ病の原因はストレスと言われていますが、それも環境ストレスと身体ストレスに遺伝的要因が加わった結果、うつ病が起こると言われています。 環境ストレスというのは、例えば妊娠、育児、引越しなどに加え、知人や家族の死、人間関係、職場のゴタゴタなどが上げられます。 それに比べて、身体的要因というのは、病気や怪我などに加え、ストレス疲労や、ホルモンバランスの変化、などの体調不良のことをいいます。 それらの中には、人間が生きていく上で避けられないストレスも入っておりますが、日ごろから意識的にストレスを解消する習慣が必要と言えるでしょう。原因となるものを取り除けないとしても、翌日にストレスを持ち越さないように努力してください。

例えば、どうしても抜け出せないほどガチガチに固められて余裕のない生活環境でもない限りは、極度のストレスを受けるような環境を拒否する必要があります。 積極的に変化を起こすことで、気分転換にもなりますし、嫌な記憶やストレスも吹き飛ぶかもわかりません。 例えば、いじめに遭っている場合、無理に話あいで解決しようとしたりせず、時には逃げることも大切ということです。ひたすら逃げてしまえばいいのです。無理に向き合うことは、うつ病の原因となります。 また、うつ病に限らずとも、人は危機的状況に陥ると、まともな判断能力を失うため、特に責任を伴う場合は、非常に危険な状態といえます。社会的信頼を失う可能性もあり、場合によっては、積み上げてきたものを、一瞬でフイにしてしまう可能性もあります。そうならないように、原因から断つ必要があるといえます。